脱毛はどんどん料金も下がり、一般のOL、主婦、学生などにもおなじみのものになっています。決して特別なものではないのです。

 

ですが、全身脱毛ともなると、まだまだ慎重になってしまう人も多いでしょう。

 

両ワキ、ヒザ下、背中といった部位ごとの脱毛とは料金が違います。全身の分となると、20万円30万円の予算は見ておかなければいけません。

 

もうひとつ、ためらう気分になるのは、「エステなどに通うのに手間も時間もかけ、それだけのお金も出して、しっかりと脱毛できるのか。効果はどのくらい続くのか」という不安があるせいではないでしょうか。

 

気楽には「もう一回やり直す」「無駄になっちゃった」とはできないのです。

 

逆に、シンプルに「脱毛」=「永久脱毛(一生ムダ毛が再生しない)」と思っている人がいたら、要注意です。これ、ちょっと違うのです。

 

実は、同じように脱毛といっても、大きく分けて3種類あります。それ次第で、永久脱毛になるものも、ならないものもあります。

 

1.選ぶ脱毛方法によって、効果の持続性は違う

 

脱毛方法は、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3種類です。

 

基本として、まずはこれを押さえておきましょう。

 

1-1.光脱毛

 

全身脱毛に限らず、どんな部位の脱毛でも最も一般的な脱毛方法です。エステサロンの脱毛コースや脱毛サロンならば、ほぼこの方式と考えていいでしょう。

 

IPL脱毛、フラッシュ脱毛、SSC脱毛などたくさんの別名があります。それぞれに、「全く新しい方式です」「当店独自の脱毛方法です」などとアピールしていますが、これはちょっとやり過ぎの宣伝文句です。基本となる部分は同じです。

 

最も一般的な機器では、カメラのストロボにも使われるキセノンランプを使います。フィルター(色ガラス)を通すことで、皮膚の表面はすり抜け、毛根や毛母細胞だけが受け止める波長の光だけを使います。

 

クセノンランプを使う機器も増えていますが、同じことです。

 

この光のエネルギーで毛根などを破壊します。

 

この光照射は、成長期(ムダ毛が伸び続けている時期)の毛穴にダメージを与えるだけで、退行期(生えているが成長していない時期)、休止期(生えていない時期)のものには影響ありません。

 

しかも1回だけで完ぺきなダメージを与えることはできず、光照射の影響でいったん抜けても、以前よりはやや貧弱なムダ毛が再生します。

 

これらの理由から、部位ごとの脱毛では2か月程度の間を空けて施術を繰り返します。再生するムダ毛がだんだん細くなり、最後に「もう生えてこない」というのを確認して、施術は完了します。

 

全身脱毛の場合は、全身の脱毛部位を4つ程度のグループに分けて、月に2度程度の施術を繰り返します。こうすることで、部位ごとに見れば2か月の間隔ができるわけです。

 

施術が完了すれば、脱毛効果の持続性は、当面は問題はありません。ですが、そう可能性は高くはないとはいえ、何年も先には、再生することがあります。

 

料金は最も安いです。痛みも最も少ないです。

 

1-2.レーザー脱毛

 

美容外科、美容皮膚科、美容系クリニックといった医療機関で採用されています。

 

光のエネルギーで毛根などを破壊することは、光脱毛と同じメカニズムです。ただし、光を発生させるのはレーザー機器です。最初から必要な波長の光だけを発生させ、しかも正確に狙った場所に当てることができます。

 

成長期のムダ毛のある毛穴にしかダメージを与えられないことなども、光脱毛と同じです。ですが、効果が強力ですので、光照射を繰り返す回数は光脱毛よりも少なめです。

 

施術がいったん完了すれば、もう一生ムダ毛が再生しない永久脱毛になります。

 

料金は光脱毛よりも高く、痛みはやや強めです。

 

1-3.ニードル脱毛(針脱毛)

 

最も古くからある脱毛方法です。今でも一部のエステサロンや医療機関に残っています。

 

毛穴ひとつずつにニードルと呼ばれる極細の金属棒を当てていきます。この先端で発生する熱で、毛根などにダメージを与えます。

 

脱毛効果は最も強力です。1回ニードルを当てた毛穴からは二度とムダ毛は生えません。

 

料金は高く、痛みも最も強いです。

 

2.どの脱毛方法が全身脱毛に向いているか

 

ニードル脱毛で全身脱毛のコースを設定しているエステサロンや医療機関もあります。ただ、かなりの例外です。大手のエステサロンならば、ミス・パリが目立つぐらいです。

 

全身の脱毛をやるとなると、脱毛範囲、料金も最大になります。それだけの分、痛みに耐え、お金も用意しなければいけません。

 

はっきりいって、ニードル脱毛は男性のヒゲ脱毛など、狭い範囲の脱毛に適した方法です。全身脱毛の場合は、「今までにほかの脱毛方法をやってみたことがあるが、満足がいかなかった」といった特別な理由のある人以外は、選択肢から外していいでしょう。

 

最もシンプルな話にすると、

 

・光脱毛=料金が安くて、痛みも弱め。ただ、脱毛効果はちょっと疑問も。ひょっとしたら将来ムダ毛が再生するかもしれない
・レーザー脱毛=料金は高め。痛みも強め。その代わり脱毛効果は強力。もう二度とムダ毛が生えてこない

 

、の二択ということになります。

 

現実には、光脱毛(エステサロン・脱毛エステ)が多数派、レーザー脱毛(医療機関)が少数派です。

 

3.エステサロン・脱毛サロンで全身脱毛するときの注意

 

エステサロン・脱毛サロンごとにいろいろな全身脱毛のコースやメニューが設定されていて、少し混乱するぐらいです。また、同じお店でもどんどん変更しています。必ず最新の情報で確認するようにしましょう。

 

部位ごとの脱毛の場合であっても、完了するまでの回数と期間にも、お店ごとにかなりの違いがあります。全身分になると、それらが積み重なるのですから、大きな差になります。途中で通うのが負担にならないように、しっかりとチェックしなければいけません。

 

これは、主に光脱毛の中でもどんな機種を使うかによります。また、それにお店ごとが独自の工夫を加えることがあります。これでさらに違いが広がります。

 

大雑把なメドとしては、「古い機種、お肌への負担の少ない機種を使っているところほど回数も期間もかかる」と見ておけばいいでしょう。

 

これに剛毛・産毛・毛深いといった本人の毛質・体質の違いが加わります。同じお店の同じ脱毛方法でも、早く済む人と、そうでない人が出ます。

 

一般的に「月に2回ずつ通ったとしても、完了までに2年やそこらはかかる」といわれます。最近は「従来の半分の回数と期間で済む」と宣伝するお店もあります。ですが、正直のところ、やってみないとわからないです。

 

また、様々な料金システムが用意されているのも全身脱毛ならではです。

 

よく見られるのは次の4種類です。

 

(1)全部終了まで想定した回数分のコース制

 

昔からある料金システムです。「全身脱毛全20回、有効期限2年」といった形になっていて、この回数分まとめての金額が設定されています。

 

はっきりした名前がないので、とりあえず「全部終了まで想定した回数分のコース制」と呼びましたが、実際にこの回数で終わることはまれです。「最も少ない回数で済む人はこのぐらい」に考えていたほうがいいでしょう。

 

実際には設定してある回数分の1.5倍や2倍かかってもおかしくはありません。その場合は、通常は追加料金がかかります。

 

(2)数回分セットにしたコース制

 

(1)に代わって、最近多くのエステで用意されています。「4回分」「6回分」「12回分」などの回数分をまとめての料金設定になっています。

 

(1)との違いは、「この回数では全身脱毛が完了することはない」というのを前提にしていることです。

 

ですから、施術の進み方・効果の出方を見ながら、何度か契約します。

 

たとえば、「12回コースが完了したけど、私の場合はなかなか効果が出ないので、さらに3回コースを申し込む」「まずは8回コースにして、様子を見てから、もっと長いコースにするかどうか決める」「仕事が忙しくなるかどうか先の予定が立たない。なので、4回コースばかり何度も申し込む」といった形になります。

 

(3)月払い制

 

こちらも一気に広がった料金システムです。

 

お店によって多少の違いがありますが、最も多いのは、「月謝のように毎月料金を支払う。その月のうちの2回程度の予約が確保されている」といったパターンです。

 

これならば、「全身の脱毛が完了するのに、実際にはどれだけの回数や期間になるか」を気にすることがありません。かかった期間の分だけ小出しに支払えばいいのです。

 

(4)都度払い制

 

美容院のように1回行ったらその時の分だけを支払う形です。

 

月払い制以上に、「実際に施術をしてもらった分の料金だけを小出しに支払う」という形になります。

 

 

以上の料金システムをそれぞれ1回あたりに直すと、「回数分をまとめて支払うものほど割安になる」「小出しに支払うものは、割高になる」というのが大雑把な傾向です。でもこれは、なにも全身脱毛の施術に限ったものではないですね。

 

光脱毛の場合、「何回で終わるか」が予測しにくいです。それでも低料金が最優先の人は、難しいのは承知の上で、「結局最後まで通ったら、トータルでいくらになる」を計算してから比較するようにしましょう。

 

いくら光脱毛が安いとはいえ、全身の分ともなるとけっこうな金額になります。計算を大幅に間違うようでは、「まだ脱毛の効果が十分ではないのに、途中で資金切れ」ということにもなってしまいます。

 

4.美容外科・美容皮膚科・美容クリニックで全身脱毛するときの注意

 

「全身脱毛完了までどれだけの回数と期間がかかるか」は、エステのように「やってみないとわからない」ということは少ないです。

 

レーザー脱毛の効果が強力で、1回あたりの効果の発揮の仕方も比較的正確に計算できます。トータルでの回数も、光脱毛よりかなり少ないのが普通です。

 

これは料金システムにも影響しています。

 

月払い制や都度払い制が利用できるところも出てはきましたが、かなり少ないです。

 

これらは、「最後まで通うと、施術が何回になるか、事前にはわからない」という場合にメリットを発揮する料金システムだからです。

 

代わりに、「全部終了まで想定した回数分のコース制」が多くなります。

 

全身脱毛はどのくらいの回数通ったら効果がでるの?

 

関連ページ

全身脱毛の基礎
相場はどのくらい?全身脱毛の料金
効果的な全身脱毛の種類は?方法はいろいろ。
全身脱毛のメリット
満足できる全身脱毛の店舗の選び方
大阪で全身脱毛できるクリニックならここ! 格安で医療レーザーできる病院
大阪で医療レーザー脱毛で全身脱毛をしたい女性の方へ、安い、安全、安心のおすすめクリニックをご案内しています。大阪市、梅田、心斎橋、京橋で永久脱毛ができる病院がここでわかります。 美容皮膚科、美容クリニックで時短脱毛ができる優良クリニックです。
全身脱毛のお得なプラン情報
全身脱毛はどのくらいの回数通ったら効果がでるの?
埋没毛の基礎知識についてまずは勉強しよう!
毛嚢炎とはどんな症状なの?主な毛嚢炎とお肌について
クリニックの医療レーザー脱毛機の主な種類と効果について
全身脱毛エステサロンの正しい選び方
脱毛サロンと通常のエステサロンとは何が違う?
脱毛サロンのカウンセリング・相談について
結婚式に備えて始めたいブライダル全身脱毛について
全身を永久脱毛するために必要な費用と主な料金システム
更年期を迎えた女性にもおすすめ?中高年以降の全身脱毛
全身脱毛を考える上で知っておくべき注意事項とは?
脱毛サロンで全身脱毛を行った後にアフターケアはどうするの?