MENU

毛嚢炎とはどんな症状なの?主な毛嚢炎とお肌について

あれ・・・またこんな場所にニキビが!脱毛した部分にナゾの吹き出物が出来てしまった経験はありませんか?
赤い湿疹ができてしまい痛みを伴っていたらもしかすると毛嚢炎かもしれません。
ここではそんな毛嚢炎の原因や特徴、対処法についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

・毛嚢炎の特徴と原因

 

毛嚢炎の特徴は見た目、一般的なニキビに似ているため、初めのうちは毛嚢炎だと気づかない人が多いようです。
見た目は赤い湿疹が出来てきて、徐々に膨らんでいき中心に白い小さな膿が溜まってきます。
悪化してしまうと痛みと一緒に熱を持つのでその後お肌に跡が残る危険性もあるようです。
特に毛嚢炎ができやすい場所は汗をかく部分なので、脇の下やお腹などです。
毛嚢炎は毛穴の奥に細菌が感染してしまう事で起こってしまいますが、その他にも日々のストレスや生活習慣が原因のこともあるのです。

 

 

 

・毛嚢炎が見つかったら

 

もしも毛嚢炎が見つかっても軽いものは自然に治っていくので特に病院へ行く必要もないでしょう。
その間はしっかり肌を清潔にすることや化粧品は低刺激のものを使うように心がけてください。
もしも毛嚢炎がたくさん出来ている場合や悪化して腫れや膿が現れた場合はすぐに皮膚科へ行きましょう。
毛嚢炎は塗り薬や飲み薬で治療ができるので早めの対処が必要です。
そしてたまに膿を無理矢理押し出したりする人がいますが、そうすることで色素沈着やニキビ跡の原因になってしまうので絶対にやめましょう。

 

 

 

 

・ニキビと毛嚢炎の違い

 

実は毛嚢炎は一見普通のニキビと変わらないので気がつかない人の方がほとんどです。
毛嚢炎はニキビと同じようにブツブツが肌に現れてかゆみや痛みも出ます
脱毛を頻繁に行っている人は肌が痛んでしまい弱くなることで、雑菌が毛穴の奥に感染してしまい毛嚢炎が起きやすくなるのです。
見た感じはニキビを細かくしたような感じですが、白っぽい膿のようなものが出てきます。
いつものニキビと違う場合や、脱毛部分にだけ現れる場合はもしかすると毛嚢炎かもしれません。

 

 

・女性が毛嚢炎にかかりやすい部分とは?

 

 

毛嚢炎はダメージを受けてしまったお肌に現れやすく、脱毛や除毛クリームを使った場所に起きやすくなります。
特に皮脂が多く分泌される部分や、ムダ毛が濃い場所、汗をかいてムレやすい場所には雑菌が繁殖しやすいので毛嚢炎が発生してしまうケースが多いのです。
その中でも毛嚢炎ができやすい場所は顔ではおでこ、背中、ワキ、太もも、VIOなどに生じてしまいます。
またふくらはぎによく赤いプツプツがあるという人もいると思いますが、明らかにニキビと違った症状の場合は毛嚢炎の可能性が高いようです。

 

 

 

関連ページ

全身脱毛の基礎
相場はどのくらい?全身脱毛の料金
効果的な全身脱毛の種類は?方法はいろいろ。
全身脱毛のメリット
満足できる全身脱毛の店舗の選び方
大阪で全身脱毛できるクリニックならここ! 格安で医療レーザーできる病院
大阪で医療レーザー脱毛で全身脱毛をしたい女性の方へ、安い、安全、安心のおすすめクリニックをご案内しています。大阪市、梅田、心斎橋、京橋で永久脱毛ができる病院がここでわかります。 美容皮膚科、美容クリニックで時短脱毛ができる優良クリニックです。
全身脱毛のお得なプラン情報
全身脱毛はどのくらいの回数通ったら効果がでるの?
埋没毛の基礎知識についてまずは勉強しよう!
クリニックの医療レーザー脱毛機の主な種類と効果について
全身脱毛の効果ってどう?脱毛を成功させるポイントおまとめ
全身脱毛エステサロンの正しい選び方
脱毛サロンと通常のエステサロンとは何が違う?
脱毛サロンのカウンセリング・相談について
結婚式に備えて始めたいブライダル全身脱毛について
全身を永久脱毛するために必要な費用と主な料金システム
更年期を迎えた女性にもおすすめ?中高年以降の全身脱毛
全身脱毛を考える上で知っておくべき注意事項とは?
脱毛サロンで全身脱毛を行った後にアフターケアはどうするの?