医療用レーザーで全身を脱毛・その効果と特徴について

数ある脱毛方法の中でも、ダントツで効果が高いと言われるのが医療用レーザーです。
医療用というだけに、脱毛クリニックや美容外科などで施術を行う脱毛方法なのは分かりますね。
ですが、自分に適した脱毛方法選ぶには、どのような効果や特徴があるかを理解しておくことが大切です。

 

医療用レーザーとは

 

医療用レーザーとは、出力レベルの高い波長を出せるレーザー脱毛器を使用する脱毛法です。
波長を利用した脱毛法だと、脱毛サロンなどで行う光脱毛も有名ですね。
どちらの脱毛法も、ムダ毛の黒い色に反応する波長を照射して、毛根部分にダメージを与えて発毛機能を低下させるメカニズムになります。
ですが、波長の強さによってダメージが異なります。
光脱毛の出力レベルは、極端に言うと素人でも安全に取り扱いができるように低く抑えられています。
エステティシャンは講習や実習を経て脱毛施術を行います。
それでも、熱を発生させる機器を取り扱うのですから、脱毛効果ではなく安全性の方が重視されているのですね。
一方医療用レーザーの出力レベルはとても高いので、国家資格を持っている人しか取り扱いができません。
もちろん医師が皮膚の状態を確認して、適切な出力レベルで照射するので安全性には問題ありません。

 

医療用レーザーの効果

 

現在、厚生労働省によって永久脱毛効果が認められているのは医療用レーザーだけです。
脱毛サロンの広告などでは、永久脱毛効果が得られるようなキャッチコピーが書かれていることがあります。
しかし医療用レーザー以外は永久脱毛効果が認められていません。
ですので、医療用レーザーの脱毛は半永久的な脱毛効果があると言えるでしょう。

 

医療用レーザーの特徴

 

医療用レーザーの特徴は、なんと言っても出力レベルが高いことです。
脱毛サロンで使用されている光脱毛器というのは、医療用レーザーよりも想像以上に出力レベルが低く設定されています。
だからこそ痛みも少なく、トラブルもほとんどないというメリットがあると言えます。
ただし、毛根組織に与えるダメージ力が弱いので脱毛効果も低くなります。
医療用レーザーは出力レベルが高いので、ダメージも大きく、その分脱毛効果も高くなります。
痛みは光脱毛より強いものの、それでも、毛根組織を破壊する力があるのでしっかり脱毛効果が得られるのが特徴とも言えるでしょう。

 

医療用レーザーは、医療機関で脱毛施術を行うため敷居が高いかもしれません。
ですが脱毛効果がもっとも優れているので、しっかりキレイに脱毛したいという方は医療用レーザーを選ぶのが正解です。