レーザーによる全身脱毛を受ければ永久脱毛することが可能なの?

せっかく脱毛をするのですから、一生自己処理が必要ない施術を受けたいと思うのは当然のことです。
特に、時間とお金をかけて行う全身脱毛は、永久脱毛の効果がなければ意味がないですね。
現時点で永久脱毛の効果が期待されているのは医療用のレーザーだけですが、本当に永久脱毛することは可能なのでしょうか。

 

永久脱毛の定義とは

 

厚生労働省では、医療用レーザーなら永久脱毛の効果があると認めています。
ただし、永久脱毛の意味を履き違えないようにしましょう。
永久というと、一生の意味に捉えてしまいますが、脱毛業界における永久は一生ではないのです。
脱毛業界での永久脱毛の定義は、ある程度の期間、毛が少ない(もしくは生えてこない)状態を維持できることとなっています。
また、アメリカの電気脱毛協会では、施術が完了してから1ヶ月後の時点で、ムダ毛の再生率が20%以下というのが永久脱毛の定義となります。
このように、永久脱毛イコール一生ムダ毛が生えない、ということではないのは理解しておきましょう。

 

レーザーの永久脱毛の仕組み

 

脱毛クリニックなどの医療機関では、法律によって長期的効果のある脱毛を行って良いとされています。
その理由は、万が一施術中に火傷などのトラブルが起こっても、医師によって速やかに治療を行うことができるからです。
医療機関ではない脱毛サロンでは、トラブルがあってもその場で適切な処置はできません。
そのため出力レベルの高い脱毛器は使用できませんから、当然永久脱毛効果も得られないのです。
長期的効果のある脱毛というのは、波長の出力レベルが高いレーザーを照射する必要があります。
そのため、医療用のレーザーは高出力の設定になっているのです。
強力な波長のレーザーを照射すると、ムダ毛を成長させる毛母細胞や毛乳頭に大きなダメージを与えられます。
つまりムダ毛の成長に関わる細胞や組織を破壊するため、結果的に永久脱毛効果が得られるのです。

 

永久脱毛効果を得るために必要なこと

 

ただし、いくら出力レベルが高いと言っても、全身脱毛の施術を1回行っただけで永久脱毛できるわけではありません。
毛根組織にダメージを与えられるのは、成長期に入っているムダ毛だけです。
休止期や退行期の毛根組織にはレーザーを照射しても反応がありません。
全身のムダ毛はすべてが同じ周期ではなく、1本ずつ毛周期が異なります。
表面に生えているのは、体毛の約30%と言われていますから、成長期に合わせて定期的に施術を受ける必要があるのです。

 

永久脱毛をしても脱毛効果が一生続くのではない、と思うと施術を受ける意味がないと思うかもしれませんね。
ですが、基本的には自己処理は必要なくなるぐらいまで減らせるので、受ける価値はあると言えるでしょう。