医療用のレーザー脱毛とそれ以外の脱毛方式を比較してみよう

脱毛サロンや脱毛クリニック、エステサロンの脱毛メニューなど脱毛方式はそれぞれに違います。
どこもプロが施術をしてくれるという点は共通していますが、施術方法が違えば効果も異なります。
確実に脱毛するなら医療用のレーザー脱毛が一番と言われているものの、自分に合った脱毛方式を見つけるには、他の方式と比較してみる必要もあります。

 

光脱毛との比較

 

エステサロンの脱毛メニューでポピュラーなのは光脱毛という脱毛方式です。
お店によってIPL脱毛やフラッシュ脱毛など名称は異なりますが、基本的には出力レベルの低い光を照射して毛根組織にダメージを与える仕組みです。
医療用のレーザー脱毛もレーザーの光を照射する施術ですから、施術方法としては同じと言えます。
ですが、医療用のレーザー脱毛は光脱毛より高い出力レベルでの脱毛が可能です。
出力レベルが低いと、ムダ毛に発生させる熱が毛根組織まで届きません。
そのため毛根組織へのダメージが小さいので、施術が完了するまでには長い期間がかかります。
医療用のレーザー脱毛であれば、1回の施術でも毛根組織に大きなダメージを与えられるので、少ない回数で施術が終わります。

 

ニードル脱毛との比較

 

今ではあまり見かけませんが、ニードル脱毛も永久脱毛効果が認められている脱毛方式です。
ニードル脱毛は、特殊な絶縁針を毛穴に差し込み、そこに微弱の電流を流してダイレクトに毛乳頭細胞を破壊します。
ムダ毛を1本ずつ施術するので、確実かつ優れた脱毛効果を得られます。
ただし、1本ずつの処理になるため1回の施術でも時間がかかる上に、範囲も狭くなります。
また専門知識と技術が必要になりますから、かなり高額な費用がかかります。
医療用のレーザー脱毛はニードル脱毛ほどの効果はないとしても、繰り返し照射することで同じような効果を得ることは可能です。
1回の処理範囲も大きいですし、費用を比べてもニードル脱毛ほど高額ではありません。

 

ワックス脱毛との比較

 

ワックス脱毛というのは、蝋で作ったワックスを施術部位に塗り、固まったら一気にムダ毛と一緒に剥がす脱毛方式です。
その場で脱毛効果を得られますし、粘膜近くのデリケートな部分でも施術できるのでVIO脱毛でよく利用されています。
ですが、ワックス脱毛は毛根組織にダメージを与えるものではありません。
つまり毛抜き処理と同じで、ある程度期間が過ぎるとまたムダ毛が生えてくるので、半永久的に通い続ける必要があります。
医療用のレーザー脱毛はその場で脱毛効果生えられませんが、施術が完了すれば通う必要はありません。

 

どの脱毛方式にもメリット、デメリットがあるので、それも踏まえた上で自分に合った脱毛方式を選んでください。