レーザーで全身脱毛を受けたら黒や赤のブツブツが出来た場合の対処法

レーザーの全身脱毛は、永久脱毛効果が期待できるので一番おすすめの脱毛方法です。
ただし、肌の状態によってはトラブルが起こることがあり、中でも黒や赤のブツブツはもっとも起こりやすいと言われています。
脱毛後の肌は敏感になっていますから、適当な処置をしてしまうと悪化するかもしれないので、対処法をしっかり覚えておきましょう。

 

ブツブツが出来る原因

 

レーザーによる全身脱毛で黒や赤のブツブツが出来るのは、肌が軽度の炎症を起こすからです。
レーザー脱毛は、ムダ毛に熱を発生させて毛根組織を破壊します。
この時、発生した熱が高すぎると一時的に皮膚が火傷した状態になるため、軽い火傷が起こってしまうのです。
もちろん普通の火傷とは違うので、すぐに症状は治まります。
ですが肌が乾燥していたり、保湿ケアが出来ていないと皮膚組織が炎症するのでブツブツが出来てしまいます。
ただし、ブツブツが出来ても基本的には2日から3日ほどで治まりますから、神経質になる必要はありません。

 

自分で出来る対処法とは?

 

いくら自然に治るとしても、ブツブツが出来てしまったら気になりますね。
また、何もケアをしないと炎症によってメラニン色素が生成されてしまい、シミなどができる可能性があります。
もし紫外線を浴びてしまったら、さらに症状が悪化することもあるので、自分でもしっかりケアをしましょう。
炎症を鎮めるには、まず冷やすのが重要です。
脱毛クリニックでも施術後は冷却してくれますが、それでも炎症が起こっているのですから、冷たいタオルや保冷剤で冷やしてください。
そしてもう一つ大事なのが保湿です。
肌が水分を保持してうるおっていれば、炎症している部分もスムーズに修復されていきます。
十分に肌を冷やして熱を取ったあとは、ローションや保湿クリームをたっぷり使って保湿ケアをしましょう。
もちろん、施術部位に紫外線が当たらないように、UVケアを忘れないでください。

 

ケアをしても黒や赤のブツブツが治らなかったら?

 

もしブツブツがいつまで経っても治らなかったら、脱毛クリニックに相談しましょう。
電話で症状を説明するか、診察をしてもらえば適切な処置をしてもらえます。
トラブルの処置をすぐに受けられるのは、脱毛クリニックを利用しているメリットです。
脱毛サロンなどでは、自分でできる冷却や保湿ケアしかしてもらえませんし、それで治らなければ自分で皮膚科に行かなくてはいけません。
脱毛クリニックであれば、きちんとした処置が受けられますから、セルフケアで治らない場合はすぐに連絡するといいですね。

 

レーザーで脱毛をする場合は、ブツブツなど多少のトラブルは覚悟が必要です。
ですが脱毛クリニックなら正しい対処をしてくれますから、安心して脱毛を受けてください。