ニキビ肌の人に医療用レーザーの全身脱毛がおすすめの理由

医療用レーザーの脱毛は出力レベルの高いレーザーを照射するため、ニキビ肌の人は肌に優しい光脱毛を選ぶことが多いようです。
確かに、ニキビが出来ている肌はできる限り刺激を避ける必要があります。
ですが全身脱毛に関しては、ニキビ肌であっても医療用レーザーの方がおすすめなのです。

 

医療用レーザーがおすすめの理由

 

医療用レーザーは出力レベルが高いので、その分脱毛効果も高くなります。
脱毛効果が高いということは、それだけ早くムダ毛が処理されていきます。
ニキビは毛穴に発生しますが、これは皮脂汚れなどが詰まり、ニキビ菌が繁殖して炎症が起こるのが原因です。
ムダ毛が処理できれば、汚れを排出する出口が広くなるので清潔な状態を保ちやすくなります。
光脱毛の場合は、出力レベルが低いため脱毛効果が出にくく、さらに施術回数が多くなってしまいます。
いくら肌に優しくても、施術回数が多ければダメージも増加します。
結果的に早く処理が終わる医療用レーザーの方が肌への負担が少なく、ニキビ肌の人の脱毛にはおすすめと言えるのです。

 

ニキビが悪化する可能性はある?

 

結論から言うと、医療用レーザーであってもニキビが悪化する可能性はあります。
ただし、これは今あるニキビが悪化するわけではありません。
医療用レーザーを照射すると、毛穴の奥にある毛根組織が破壊されます。
この時、破壊された組織が一時的に毛穴に詰まってしまい、ニキビに似た毛包炎などが発症することがあるからです。
そのためニキビが増えた、悪化したと勘違いしてしまうのですが、これはあくまでも一時的な症状です。
また、医療用レーザーは肌の代謝を高めるので、肌の奥に潜伏していたニキビが発症するかもしれません。
ですがこれは好転反応の一種で、時間の経過とともに治まるので心配しなくて大丈夫です。

 

ニキビ肌の人こそ医療用レーザーを受けるべき

 

ニキビが出来ている状態の肌は、刺激に対してとても敏感になっています。
こういった状態の肌に脱毛処理をするのは、確かに悪化のリスクが伴います。
ニキビは皮膚病の一種ですから、素人判断で施術を行うのは危険です。
例えば脱毛サロンのスタッフは脱毛のプロではあっても、ニキビの専門知識を持っているわけではありません。
しかし、医療用レーザーは医師が肌を診察して、施術を行って大丈夫かどうかを医学的に判断します。
専門知識を持った医師が施術を行えばトラブルのリスクも軽減できるので、ニキビ肌の人こそ医療用レーザーを受けるべきなのですね。

 

ただし、ニキビが化膿していたりすると医療用レーザーでも施術できないことがあるので、脱毛したい方は事前に無料カウンセリングでチェックしてもらいましょう。